自分の資産を利用して外貨預金を始めるのにも、税金がかかってくることを忘れてはいけません。ですから、利息や利益にどれくらいの 税金がかかるのか知っておく必要があります。なので、自分の資産が増えたかどうなのかは、各種手続きにかかる手数料や金利以外にも、 税金分も差し引いて考えることが大切です。外貨預金の際、利息にかかる税金は20%が源泉分離課税となっています。これは、個人で投資をしている人でも、 法人で投資をしている人でも変わりはありません。源泉分離課税とは一体何なのかというと、有価証券投資によって出た利益にかかる税金のことを指しています。 また、為替差益にも税金がかかってくるのですが、為替差益は、源泉分離課税ではなく、雑所得となってくるため、先ほどの税率と同じではありまえん。 仮に、お給料の総支給額が2000万円以下だったとして、給料以外に収入を得ていなければ年間で20万円までの利益であれば、 申告をする必要はありません。ですが、外貨預金で得た利益が20万円を超えてしまった場合には、申告をする必要が出てくるので、 法を犯さないためにも、良く覚えておきましょう。税金について、よくわからない場合は税務署や税理士の方に相談するのが、 一番間違いがなくていいですね。